そつたくでランチ。落ち着いた店内で美味しい和食を頂きました。

フェイスブックで、そつたく というお店を知りました。お昼にランチをしているということで、母と妻と行ってきました。

スポンサーリンク

昼はランチ、夜は居酒屋


店内はカウンターと小上がりがあります。落ち着いた雰囲気ですね。お昼から飲みたくなりました。


妻と母はメインがチキン南蛮、僕があら煮を注文しました。メインは2種類から選べました。

小鉢は5種類から3つ選べます


メイン。あら煮です。美味しかったですね。


小鉢。卵焼き。焼き立て。美味しい


小鉢 地鶏と大根の炒め煮


小鉢 おからときゅうりのポテトサラダ


串間のかんしょと白菜の味噌汁


麦ごはん


漬物。これで1080円は安いと思いました。

ご夫婦でされているのでしょうか?落ち着いたお店で、夜も飲みに行ってみたいなと思いました。夜は18時から。



駐車場は5台分あるようです。ちょっと停めにくいかもしれません。卵のマークが、印になります。


そうそう、田中律子さんのサインがありました。以前、青島でイベントがあった際に来られたそうです。2019.03.12

妻です。



主菜 チキン南蛮


小鉢 おからとキューリのポテトサラダ


小鉢 春野菜の酢味噌がけ


小鉢 沖縄もずく酢

外観から感じる印象と、店内に入ってからの印象がだいぶ違うお店だと思いました。

掘りごたつスタイルの、ゆっくり座れるテーブルがいくつもあって、広々した店内です。

メインと小鉢が選べて、いろんなメニューが楽しめるのは嬉しいですね。

お料理はどれも美味しかったですが、おからとキュウリのポテトサラダがしっとりしてて食べやすくて、私が作るものとは大違いでした。

とってもリーズナブルなランチだと思います♪

お店の方も感じが良くて、雰囲気も良いです。

ただ、誰かに教えてもらわないと、スルーしてしまいそうなお店です。

店名をドーン!と出していないのは、こだわりがあるのかな?

たまごの絵が目印です。

啐啄(読み)ソッタク
「啐」はひなが卵の殻を破って出ようとして鳴く声、「啄」は母鳥が殻をつつき割る音
1 禅宗で、導く師家(しけ)と修行者との呼吸がぴたりと合うこと。
2 またとない好機。
※ 小学館デジタル大辞泉より

コメント