炭火焼鬼火

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 8

鬼火
親方のマスターのお兄さんがやっているお店ということを、親方マスターから聞いたいたので、

寒い中、炭火焼鬼火まで歩いていきました。炭火焼鬼火の名刺は持っていたのですが、老眼鏡を忘れてしまって、名刺に書いてある地図がよく見えない。何度も迷いようやく発見しました。

DSC00195
店内はカウンターと座敷がありました。テーブルはありません。お店の広さは、親方と大体同じぐらいでした。先客のおじさんが一人カウンターで飲んでいました。

スポンサーリンク

早速ビールを注文

DSC00185
DSC00184
生ビール中500円です。

DSC00186
メニューを見て、せせりネギ塩650円を注文

DSC00187
DSC00188
DSC00190
DSC00192


なんと、鉄板で出てきました。
ボリューム満点でした。ただし、焼きあがるまで時間がかかるので要注意です。

DSC00191
枝豆の量が多すぎ(笑) 300円だったと思います。

DSC00193
DSC00194
焼酎が2合で650円だったかな。あと、大根とじゃこ。350円だったかな。醤油がかなり甘くてびっくりしました。

DSC00197
最後に可愛いアルバイトのお姉さんに写真をとってもらいました。やっぱり、兄弟って似るものなのですね。2015.02.05一人で断酒を破って。。。

炭火焼鬼火

夜総合点★★★☆☆ 3.1

関連ランキング:焼き鳥 | 宮崎駅

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク